ドラマ『昭和元禄落語心中』の各話を1行で紹介していく。

【閲覧注意】ストーリーについての「ネタバレ」があります。
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓

第1話:昭和の落語家・八代目有楽亭八雲(岡田将生)は、刑務所帰りの青年・与太郎(竜星涼)を弟子として迎え入れる。

第2話:昭和10年代、若き日の八雲は兄弟弟子・助六(山崎育三郎)と共に稽古に励み、前座から「二つ目」に昇進する。

第3話:なかなか人気の出ない八雲だったが、芸者・みよ吉(大政絢)との出会いによって自信を蘇らせ、自らの落語を確立させていく。

第4話:真打昇進に挑む八雲は、師匠に「芸の邪魔になるから」と言われ、みよ吉と別れる決意をする。

第5話:八雲が真打に昇進する一方で、破門をされた助六は、みよ吉と共に何処かへと消息を絶つ。

第6話:落語界の重鎮となった八雲に再会した助六とみよ吉は、旅館の窓から転落し、命を落としてしまう。

第7話:助六の娘・小夏(成海璃子)を自らの子のように育てた八雲は、60代に入り、落語界で孤高の地位を築いていた。

第8話:(11月30日放送)

NHK総合
ドラマ『昭和元禄落語心中
毎週金曜・夜10時

↓ご回答お願いします↓

TVドラマ『昭和元禄落語心中』って知ってる?