2018年は、童謡誕生100年だったらしい。

大森南朋とAKIRAのW主演映画『この道』を観て、2018年は童謡誕生100年ということを知りました。

同時に、童謡「この道」と「私」の3度の出会いをふと思い出しました。

初めての出会いは、小学生の頃。当時は、北原白秋や山田耕筰がどれだけ偉大な人物なのかよく知りませんでした。ただ、子どもながらに「いい歌だな〜」と思いながら、音楽の授業で歌っていました。

2度目の出会いは、フジテレビのドラマ『僕の生きる道』。草彅剛さん演じる中村秀雄が、子どもの頃に教会の合唱団で歌っているシーン。

そして3度目は、先日、福岡の柳川へ友人のお墓参りに行った際。偶然、近くにあった北原白秋生家記念館。「この道」の詩が北原白秋によって書かれたものだと改めて認識し、勝手に縁を感じてしまいました。

2019年に書かれた詩や童謡が、100年後まで受け継がれることなんてあるのか。いつか、そんな詩を書いてみたい、書けるようになりたいと思うのでした。

映画『この道』公式サイト

↓ご回答お願いします↓

映画『この道』って知ってる?